現在進行中のフルオーダー&レストレーションプロジェクトの進行状況をリアルタイムでお届けしています。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/21

エンジンのカバー類(一部です)を洗浄しました!

入浴後に洗浄しましたので、シルバーの部分は“スッピン”でございます。

当然リペイントが必要なのですが、どのように仕上ましょうか?

1、 缶スプレー
2、 ウレタンペイント(ボディーと同じ仕上です)
3、 パウダーコート半艶仕上げ

ご検討下さ〜い!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/21

ランニングボードはおNEWに交換させて頂きました。

表面のラバーは切れていましたし、ボード本体もサビサビでしたので・・・。

モールも交換してスッキリ決まりました!!

ドアの内側にはガッチリ防錆剤を入れ、ビニールを貼りました。

オリジナルのビニールがとっても良い状態だったので再使用しましたね!

S様のWesty!
2017/09/18

長らく・・・とっても長らくお伝えしてまいりました「S様のWesty!」が土曜日に納車となりました!

ボディー内外装はもちろん、エンジン&ミッション、足回りモディファイ、ブレーキ強化等を行いましたので、とっても載りやすいBUSになりました!

オーナー様へ

大変長らくお待たせしてしまいましたが、納得の1台に仕上がったと思います。
これからBUSライフを楽しんでくださいね!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/18

左右リアフェンダーはリペイントしませんでした。

だがしかし・・・ボディーとのセット面にはサビが出ていたためサビ落とし&防錆処理を行いボディーに取り付けました。

リアバンパーも取り付け完了です!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/18

左右ドア周りの組付けが完了です!

やっぱり新しいシールはいいですね!!

ドアの内側もキッチリ仕上て防錆処理を行いました。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/18

シリンダー座面が食い込んでいたため(写真矢印部)サーフェースカットを行いました。

キレイに研磨しましたからバッチリ当たってくれますよ!

こういう面でしたら圧縮漏れは皆無です!!

ウサタの大冒険!
2017/09/18

ボディーサイドモールを取り付けました。

使用したのはステンレス製のモールです!

現在流通しているアルミモールは悪く言えばおもちゃ・・・お菓子の景品並みのクォリティーですから使えませんよね・・・。

ボディーラインがストレートで、とってもキレイに取り付けることができましたよ!

このモールのライン・・・お分かりいただけますかね〜。

リアホイールの写真UPするの忘れていたような・・・インセットの違い分かります?

ウサタの大冒険!
2017/09/12

大変長らくお待たせいたしましたが、ホイールが入荷いたしました!

オーナー様からのリクエストで「ガラスコーティング」を行い、タイヤをセットいたしました。

リムにキズが入らないようラップしてあります。

先ずはフロントからセットしようとPCD変換スペーサーを取り付けると・・・ボルトが飛び出るじゃないですか・・・(写真矢印部)

このままではホイールに干渉してしてしまいますのでカットしました。

その後変換スペーサー用のナットを本付けすると・・・スペーサーの面より出てるじゃないか・・・これも研磨いたしました・・・Oh〜・・・。

カスタムの世界・・・一筋縄で行かないのは分かっちゃいますが・・・ヘコミます・・・。

ホイールをセットしてみると・・・イイじゃないですか!!

フロントとリアのホイールはインセットを変えてあるのですが、フロントは予想以上に良い雰囲気に仕上がりました!

新潟の人・・・T−3編
2017/09/12

ポート研磨の後はバルブガイドを入れました。

ここ数日で合計24本のバルブガイドを入れたわけで・・・たいぶ神経使いました・・・髪の毛大丈夫か!??

新潟の人・・・T−3編
2017/09/12

せっかくバルブガイドを抜いたのでポート研磨を行いました。

ガイドがあると邪魔ですからね!

けしてレースエンジンを製作しているわけではございませんが、排気ポート内部の余分なデッパリを均すだけでも熱の持ち方が違うはずですからキレイにしましたよ!

早く走らせるためのチューニングではなく、安定したエンジンに仕上げたいための仕込み作業です。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/12

こちらも同じくバルブガイドの交換を進めています。

同じ作業は同時期に行う方が効率が良いのです!

やはりお次はシリンダー座面の研磨作業をおこないます。

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/12

エンジンの仕込みはシリンダーヘッドから進めています。

ブラスト処理後にバルブガイドの交換を行いました。

お次はシリンダー座面の研磨です!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/12

ボディーは組み付けを進めています。

ウィンドシールラバーは全て交換いたしました。

ドア周りのシール系も要交換でした・・・ここまで分解しましたから古いゴムは使えませんよね。

KUNISANのBUS!
2017/09/12

ドタバタしてしまいエンジンの火入れが遅くなってしまいました・・・。

やはりオートチョーク付きのキャブをチョイスして正解だったと思います!

とても安定したエンジンに仕上がりましたよ。

YouTubeのページにUPしてありますのでご覧下さい。

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/07

ペイントが仕上がってまいりました!

サビサビだったリアエプロン&フェンダー取り付け部もキレイになりましたよーー!!

先ずは窓周りから組み付け始めます。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/07

クランクシャフトはラッピングしたら“おNEW!?”みたくなりました!

リストピンブッシュの入れ替え&&メタル類のWPC処理も仕上がってまいりました。

さて・・・本組み始めますか!

’67 21W 
2017/09/07

サビが出ていたインナーは部分剥離を行いペイントしました。

ステンのリムに交換して組み立て開始!

もう片側を組み始めたら・・・リムが誤入荷・・・アジャストボルトが4:8が来てました・・・ガックシ・・・。

’67 21W 
2017/09/02

先ずは↓の右の写真を見てください。

「CIBIE」のステッカーが貼られています。

そうです!あの「CIBIE」です!!

かれこれ25年ぐらい前にはなるのでしょうかね・・・普通に出回っていたヘッドライトAssyでした。(今の若い方は知らないでしょうね)

先ずは分解した写真を見てください。

リムは見るも無残にサビサビですが、裏面のヘッドライトホルダーやネジ類にはまったくサビが出ていません。

そうなんです!このネジ類はステンレスなんです!!

昨今のリプロ品のようにネジからサビるようなお粗末なものとは違うんですよ。

リムを除き全てリフレッシュして再使用していきますね。

あっ!もちろんリムはWWのステンレス製に交換しますからご安心を!!

’67 21W 
2017/09/02

ヘッドライトの仕込み作業をご紹介します。

ナント!・・・このサビサビのヘッドライトを再使用します!!

エェェェェェェ〜〜〜〜〜!????・・・と思うでしょ?

なぜ再使用するかをご覧に入れます!

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/02

こちらも同じくバルブガイドの加工を行っています。

インテークはテーパーに削りますが、エキゾーストは先をほんの少しアールに削っています。

ナンで?・・・気持ちの問題です。

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/02

後口のヘッドもバルブガイドを抜きました。

作業はガイドの加工です。

そのままポン♪付けはできませんので・・・。

インテークバルブは先をテーパーに削ります。

これで吸入効率が上がるなどとは思ってもいませんが、気持ちの問題ですかね!

新潟の人・・・T−3編
2017/09/02

シリンダー座面&燃焼室の加工後に底面の加工も行いました。

ナンの加工?・・・ナンでしょう・・・???

続いてバルブガイドを抜きました。

ポート加工やりましょうね!!

Return to Air−cooled 
2017/09/01

ペイントは完了しているのですが、なかなか作業再開できずに申し訳ございません・・・。

ボディーが無くても作業できるところを少しでも進めていきます。

先ずはフューエルタンクのリペアーです。

内側を確認しましたら大きなサビは発生しておらず、年式の割にはコンディションは良好です。

高圧洗浄機で内部をキレイにしてから、先ずは裏面を防錆処理いたしました。

インパネ裏のカバーも裏側を同じく防錆処理いたしました。

次は表面をペイントいたしますね!

新潟の人・・・T−3編
2017/09/01

作業頓挫して申し訳ございませんでした・・・。

シリンダーヘッドはブラスト処理が完了して加工に入りました!

当初予定のスペックではなく、少々方向転換を行いたく思います。

という事で、ヘッドのサイズは変更していません。

アチコチやり繰りしてみますのでご安心下さい。

詳しい内容は明日にでもメールさせて頂きます。

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/01

シリンダーヘッドも洗浄後にブラスト処理を行いガイドを抜くところまで進んでいます。

分解時には気が付いていたのですが、フィンが1枚欠けています・・・腰上を分解した形跡がありましたから、たぶんその時に・・・Oh〜〜・・・かもしれません。

当初はフィンを溶接してリペアーするつもりでしたが、ちょうど同じヘッドを同業者様から譲っていただけたので交換といたしますね。

必要以上に熱は入れたくありませんからね!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/01

分解したエンジンはパーツの洗浄を行い、各部の点検を進めています。

先ずはクランクケースのメタル合わせです。

先にも書きましたように昨今のメタルは一筋縄ではいきません・・・スリスリした後WPC処理に出しました!

ワンファミリーカーの継承!
2017/09/01

右ドアはサビが発生しているところがございましたので、部分剥離を行い重防錆処理を行いました。

剥離した部分にはエポキシプライマーをベースに入れてから表面処理を行いました。

もちろん板金に関係する作業は一番最初に済ませてあります。(ほんの少しでしたけどね!)

サフェーサーを入れて細かい部分の手直しを行ってからペイント屋さんに持ち込みました。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/01

シリンダーヘッドは洗浄、ブラスト処理を行いガイドを抜くところまで進んでいます。

ヘッドの作業メニューは「ガイド交換」「バルブシートカット&すり合わせ」「バルブ研磨はせず交換とします」「シリンダー座面研磨」といったところです。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/09/01

ナンバーマッチングの「F型」エンジンケースの再使用は可能と判断いたしました!

ケースセーバーの組み込み、スモール&ラージナット座面の研磨を行い外回りの加工は完了です。

クランクシャフト&カムシャフトを組み込んでメタル合わせもおこないましたよ。

最近のメタルは一手間・・・二手間・・・三手間余分に掛かります・・・。

メインベアリングはWPC処理を行います。

KUNISANのBUS!
2017/09/01

エクスチェンジャーを取り付けて車載まで完了いたしました!

エンジンの火入れができましたら動画をUPしますね!

KUNISANのBUS!
2017/08/24

マフラーはVSのステンレスをチョイス!

キャブのリンケージも上手く取り付けできました!!

エクスチェンジャーの仕込を行っていますので、取り付け後に火入れまで行おうと思います。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ