現在進行中のフルオーダー&レストレーションプロジェクトの進行状況をリアルタイムでお届けしています。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ

ワンファミリーカーの継承!
2017/11/14

ロングブロックの完成でぇ〜す!!

カバー類&マフラー類の取り付け前の状態をロングブロックと言います。

いつものWAKOテクニカルさんのフルトラKITをデスビの中に仕込みました。

オーナー様へ

エンジンカバー類はいかがいたしましょう?

ウサタの大冒険!
2017/11/14

左側が10mm低かったです。

左ハンドル車輌は左側の車高が下がる傾向があるんです。

左右の車高調整を行うためトーションカバーを外してみたら・・・アリァ??・・・ここ開けてなかったっけ???

かな〜りチビレたトーショングロメットがこんにちは。

交換してから調整します!

ウサタの大冒険!
2017/11/14

ハブの加工が完了!

使用したベアリングは「めいどいんニッポン」のNSK社製です。

もちろん既製品ですからいつでもどこでも入手可能です!!

ホイールをセットしてみたら・・・イイじゃ〜あ〜りませんか!!!

かなり内側に入ってくれましたよ。

フロント車高を合わせて着地&初めての自走を行いました。

ほんの数メートルでしたが、リアの車高を確認したかったのでトラクション掛けてから計測してみました。

結果は・・・↑

ウサタの大冒険!
2017/11/07

フロントサスペンションは一からやり直しています。

フェンダーとタイヤ、ボディーと地ベタのロードクリアランスに問題があり変更せざるをえなくなりました。

アンチョコなパーツを使用すれば簡単だったのですが、「めいどいんちな」のベアリングなど使えませんからね!

手法は決まりましたし、パーツも揃いましたので作業進めてます。

写真右の作業は今工場で進行中の写真です。 11/7 PM18:19 現在!

ウサタの大冒険!
2017/11/07

フロントバンパーの取り付け&フォグの配線完了です!

フロントフード内のカバーも型紙を製作し終わりました。

ステー類はボディーに固定済みです。

レザーのカラーはブラックで宜しいでしょうか?

ワンファミリーカーの継承!
2017/11/07

左右ピストン&シリンダー、ヘッドを組み付けロングブロック一歩手前・・・です。

真っ黒クロスケだったロッカー周りもご覧のようにキレイに組み上がりました!

オイル管理さえ良ければこの状態を維持する事が可能ですから、3〜4000kmで交換するようにしてくださいね。

今回カートリッジフィルターを取り付けていますが、初回のみ1000kmで交換、それ以降は10000kmで交換でOKです。

新潟の人・・・T−3編
2017/10/29

クランクケースのシリンダー座面&スポットフェース加工が完了しました。

クランクシャフトは八百屋お気に入りのサイズに変更する事になり、USAにオーダー致しました!

久しぶりのお気に入りエンジンスペックですから気合が入りますね!

パーツが揃うまでキャブレターの仕込を行っていきましょう。

当初の予定では「WEBER40IDF」を取り付ける事でお話ししていましたが、お住まいの環境(主に気候)&クーラーを取り付ける事を考慮してオリジナルキャブに変更させて頂きました。

オリジナルと言っても古いキャブでありますから、チャッチャと作業ができるわけもなく、先ずは分解洗浄ですね!

T−3のキャブレターはスロットルのハウジングが分解できる構造になっているため、コンディションの良いものに交換も可能なんです。

今回は片側を交換、そして片側はブッシュの入れ替えにチャレンジしてみましょう!

キャブレターの肝はここの部分なんですよーー!!

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/29

エンジンの火入れ完了です!

YouTube & FaceBookにUPしてありますのでご覧下さい!!

明日、天気も回復するでしょうから、試運転&完成検査を行い全ての作業が終了になると思います。

そーだ・・・シート如何いたしましょう?

ロクロクオリジナルシート、発掘してみます?

上の倉庫にあるのは分かっているのですが、発掘するのにえらい時間か掛かりそうです・・・Oh〜・・・。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/29

オーナー様よりエンジンの点火系統をフルトラにしたいとリクエスト頂き、WAKOテクニカル様にお願いして「6V電装用のフルトラKIT」を製作して頂きました!

バグスポでは今までに数台の取り付け実績がございますが、あまり一般に知られてはいません。

このKITの一番の売りは、オリジナルのデスビに仕込む事が可能な事です。

見た目はオリジナルを残しつつ、中身は最新ということですね!

概観上見えるのは→部の配線だけです。

これでポイント調整&交換なんていうわずらわしい作業からおさらばでございます!

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/29

クランクシャフトのエンドプレイを調整して、シール&Oリングを組み込んでショートブロックの完成でーーーす!

エンドシールは八百屋お気に入りの一品でございます!!

もうすぐエンジン本体が組み上がりますが、エンジンのカバー類はどのように仕上ます?

1、パウダーコート仕上げ
2、ウレタンペイント仕上げ
3、缶スプレー

ご検討下さ〜い!

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/29

という事で、本組み開始!

写真だけ見てるとあっという間に見えますが、それ相当の時間は掛かっているんですよ・・・汗

ドレーンプレートは歪みも出ていましたので、おNEWに交換させていただきました。

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/29

原因はあっさりと判明!

センターシャフトのクリアランス調整用ワッシャー(ベークライト製)が粉々になってました・・・デスビケース内に散乱・・・Oh〜・・・。

バグスポでは代用品に特殊樹脂でこさえたワッシャーを使用しています。

自社生産!ですから必要な厚みに削りだしています!!

各部に潤滑剤を塗り、組み上げ完了!!!

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/29

エンジンの本組みを始める前に、デスビのオーバーホールを行いました。

本組み時、クランクケース内のドライブギアを押さえるためにデスビはセットして作業しますから、不具合を抱えたままではOUT!

センターシャフトの軸方向に大きなクリアランスが出ています。(写真→部)

先ずは分解してクリアランスが広がった原因を調べます。

ウサタの大冒険!
2017/10/29

リアバンパーの取り付けを進めています。

リクロームするとまったく雰囲気が変わるでしょ?

ステアリングホーンボタンもクロームが入荷していますよ!

’67 21W 
2017/10/29

エンジンの車載準備がほぼ完了いたしました!

クーラーを取り付ける予定ですので、デスビは純正のバキューム進角をオーバーホールして取り付けいたしました。

たぶんOKを頂けると思いますが、フルトラ点火装置にしますよね?

’67 21W 
2017/10/24

クラックの入ってしまったホルダーをどうリペアーしたかというと、パネルボンドを使い補強のパネルを接着してみました。

思ったとおりガッツリとくっ付いてくれました!

防錆ペイントを行い、ボルトを入れてグリグリしてみましたがビクともしませんでした。

コレで安心!!

ウサタの大冒険!
2017/10/24

BUSのテール同様、反射板のリペアーを行いました!

コレでずいぶん明るくなるでしょう!!

お次はリクロームが仕上がってきたF&Rバンパーの取り付け準備を進めています。

裏側はもちろん、接続箇所にはガッツリ防錆対策を行ってありますよ〜!!

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/24

リストピンブッシュの入れ替えを行ったコンロッドにメタルをセットします。

メタルにはWPC処理を行ってありますよ!

クランクシャフトにセットして今日はタイムアップとなりました。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/24

キャブレターの安全対策を行いました!

ガソリンホースが繋がるパイプ(赤矢印部)をネジ式に変更するのがこの作業です。

コレで抜けることは絶対になくなります!!

クラッチは3点SETでの交換です。

そしてそして! 車載完了いたしました!!

次回はエンジンの火入れをご覧いただきましょう。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/24

ボディーの作業を進めていました。

先ずは左右の車高差を調整しました。

トーショングロメットは左右共に交換しましたね!

クラッチケーブルがほつれていたので、ケーブル&ボーデンチューブ、それとオペレーティングレバーもロングタイプに交換させていただきました。

コレ交換するだけでクラッチがすこぶる軽くなります。

この機会でしたらチョイチョイっと交換できますからね!!

ミッションマウントはリアのみ交換となりました。

フロントマウントはまだまだ頑張ってもらいましょう!!

新潟の人・・・T−3編
2017/10/22

クランクケースの仕込み作業です。

メインジャーナルはいたって健康体でございました!

だがしかし・・・シリンダー座面は若干斜めってましたね・・・。

ケースをジグに固定してフライスのベットにセットします。

ヘッドにダイヤルゲージをセットして計測すると、シリンダー座面までの距離が確認できるって事です。

サーフェース研磨しましたのでキッチリ座ってくれるでしょう!!

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/22

ウィンドラバーも交換が完了しました!

古いラバーを外した跡がクッキリ残ってましたので、コンパウンドでキレイにしてから交換作業を行ってあります。

ロクロクのシングルナンバー!
2017/10/22

えぇ〜〜いきなりですが・・・もうちょいでエンジンがコンプリートになります。

八百屋が別の作業を行っている間にHIRO頑張ってくれました!!

残るはキャブレターの安全対策とフルトラの仕込みです。

暖機用のサーモスタット&フラップも全てオリジナルのままリペアーしてあります!

今週には「6V用フルトラKIT」が出来上がる事を期待しましょう。

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/22

カムギアの修正もなんとか完了!

続いてはケースを仮組みしてオイルポンプとの各部クリアランスをチェックします。

いつも使用しているメキシコ純正の欠品が続いているようで、今回はSCATを使用する事にしました。

という事で、ポン付けは厳禁でございます。

少々ボディーを削りましたが、クリアランスは確保できました!!

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/22

写真左がギアをボルト止めしたカムシャフトです。

4リベットカム→4ボルトカムに変身!!

クランクシャフトにメインベアリング&各ドライブギアをセットしてクランクケースにIN!

クルクル♪回してカムギアの当りを見ると・・・ハスッパに当ってます・・・写真の→部が強く当っている部分で、ここの逆サイドも強く当ってます。

という事で、ヤスリでシコシコ削ること数十回・・・要した時間は約3時間・・・。

メーカー様に一言

詰めが甘いんだよ!(怒)

ワンファミリーカーの継承!
2017/10/22

ケースの仕込み中の写真・・・撮るの忘れてしまいました・・・スミマセン・・・。

という事で、いきなりですがケースの仕込み完了です!

ヘッドスタッドボルトは洗浄&ブラスト処理を行い、耐熱ペイントしてから取り付けてあります。

メインベアリングはメタル合わせの後WPC処理を行ってあります。

少しグレーっぽいの分かりますかね?

カムシャフトのギアは交換するため、古いギアを外した後にタップ加工しました。

ウサタの大冒険!
2017/10/22

80φのアルミ丸棒から削りだした底板を溶接いたしました。

ここまできて溶接をしくじったら泣いても泣ききれません・・・超緊張しました。

アルミのビードは削ってはダメなんですが、穴に入りませんから研磨しました。

まっ、ここに強度は必要ありませんから問題ないでしょう!

’67 21W 
2017/10/22

エンジンはヒートエクスチェンジャーを取り付け、キャブレターの安全対策(パイプ抜け)を行い、車載に向けて準備しています!

’67 21W 
2017/10/22

分解前のバックランプをよーく見てください。

なにやらぶ厚いゴムがリムの裏に付いています。

実はこれが「癌」なんですよね・・・ぶ厚いゴムをかいしてボルト止めするのでホルダーのメスネジの周りがこんなに反り返っちゃう・・・完全にへの字です。

トンカチでたたけば直るには直るのですが・・・たま〜にこんな感じに割れちゃいます・・・Oh〜・・・。

さてどーーーーすっぺ。

’67 21W 
2017/10/22

FBにもお書きしましたように、オカマの内側はアルミ箔テープにて反射板を再生しました。

もうちょいクロームっぽければ完璧なんだけどな・・・。

ステンレスのテープもあるんですけど、硬いと貼りずらくシワシワになっちゃいますからね。

レンズ越しにも内側に光沢があるの分かります?

たったこれだけですが、やるとやらないじゃ〜大違いなんですよ!!

最後にバルブホルダーの「ドいい加減」なアース接点をハンダ付けしてリペアー完了。

’67 21W 
2017/10/15

一晩置き、ガッチリくっ付いたホルダー!

お次はバルブホルダー部を一度外してから全体をペイントいたしました。

変な色にはしたくないので、質感を残せるように特殊なクリアーにてペイントしましたよ!

ただ・・・このクリアー・・・なかなか乾かない・・・Oh〜・・・。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ