現在進行中のフルオーダー&レストレーションプロジェクトの進行状況をリアルタイムでお届けしています。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ

S様のWesty!
2017/06/19

ヘッドライナーの製作&組み付け完了です!

続いて左右カーゴドアも同色にして組み付けました。

残りの細々した組み付けも進めています!!

KUNISANのBUS!
2017/06/19

いつもの安全対策を行おうとアッパーホーンを手に取ると・・・???・・・打ち込まれているパイプの付け根になにやら小細工がされています。

あまり気にせずパイプを抜こうとしましたら・・・クルクル軽〜〜く回るだけで抜けない・・・。

こーなりゃ力ずくでいきます!

スライディングハンマーでドッカァ〜ン♪と! 抜けました。

抜けたパイプを見てみると・・・ナンジャこの溝(赤→部)は・・・???

カ〆かい!? こんなめんどくさい小細工するならネジを切れっちゅーの!!

こんな風に!!!

新潟の人・・・T−3編
2017/06/19

ミディエイトハウジングに防錆ペイントを塗りました。

スプリング、メクラも組み付けて完成となります!

お次はいよいよリング&ピニオン変更作業に入りますね。

手慣れた作業ですからチャッチャと済ましましょう!??

ウサタの大冒険!
2017/06/19

ドアの組み付けもほぼ完了いたしました。

カルマンギアはドアガラスの調整が難しいですね・・・。

内側に厚手のビニールを張り、ドアパネルを組みつけて行きましょう!

オーナー様拘りのドアパネルです!!

ウサタの大冒険!
2017/06/16

たった2箇所の加工にナニやってるん・・・自分・・・。

ウサタの大冒険!
2017/06/16

皿ビス用にてテーパー加工するだけなのに・・・フリーハンドだとセンターがズレてしまうためなにやら大げさな加工になってしまった・・・。

先ずは固定してセンター出しをするためのパイロットを旋盤でこさえます。

センターを決めてからカッチリ固定します。

そしてテーパーにカットすると・・・↑のようになります。

新潟の人・・・T−3編
2017/06/16

製作したブッシュを圧入して内径を整え、開先を切ってブッシュ加工は完了となります。

内側にはオイルの通路を切ります。

かき上げたオイルがメインシャフトのベアリングに入りやすくするためです。

外周のナット座面も整えてミディエイトハウジングの加工が完了となりました!

KUNISANのBUS!
2017/06/16

洗浄したキャブレターのボディーをチェックしていると・・・エェェ〜〜こんな新しいキャブでも出るかね・・・。

加速ポンプカバーが歪んでます。

これではダイヤフラムを交換してもガス漏れが出てしまうかもしれません。

この場合はダイヤモンド砥石の上でゴシゴシ・・・・ひたすらゴシゴシ・・・途中経過の写真見ると真ん中が削れてなの分かりますでしょ!

キレイに削れたら完了です。

S様のWesty!
2017/06/16

ポップトップの取り付けを進めていたのですが、天井の板がフニャフニャで見た目がとっても悪い・・・。

後からでは二度手間になってしまいますから、思い切って剥がしてしまいました。

まったく予定に入っていませんでしたが、キレイに仕上げるには必要な作業と判断いたしました!

サブロクの板では1枚物は作れませんので、左右に分けて製作するようにします。

S様のWesty!
2017/06/13

ポップトップのキャンバス張替えを残して頓挫してしまいました・・・。

なかなか2台分の屋根下を確保する事ができずにズルズルしてしまい、申し訳ございませんでした。

現在も2台分は確保できませんで、1.5台分のスペースで作業を進め始めました。

もう屋根下が限界に来ています・・・。

一台ずつ仕上げていきませんと作業スペースの確保すらおぼつかない状態になってしまいました。

車検が落ち着いている今週にナントか進めていきたいと思います。

KUNISANのBUS!
2017/06/13

先日ご紹介したキャブレターを使用することになり、早速下準備を開始いたしました。

先ずは分解してから洗浄です。

ブラシでゴシゴシもいいのですが、ケミカルの力を借りればもっと楽にキレイに仕上がります。

クリーナーをまんべんなく吹き付けて、ラッピングをして一晩・・・・二晩おきますと・・・次回に続く

新潟の人・・・T−3編
2017/06/13

シフトロッドホールには例外なくガタが出ていますね・・・。

1−2速&3−4速側共にブッシュ加工を行います。

先ずはした穴を開けてから、それに合わせたブッシュをこさえました。

次回は圧入から仕上げまでをお伝えします。

ウサタの大冒険!
2017/06/11

ミラーの取り付け完了です!

チョイ後ろに穴が開いているのはドームランプの取り付け用にカットからです。

ご安心下さい!

製作中のレーダー取り付け用のステーももう少しで仕上がりそうです。

ブラックペイントとのご支持だったので、できるだけキレイに仕上げたく面を整えています。

取り付け用のビスも当初の薄型平ビスではなく、6角皿ビスにするためテーパー加工を行いました。

ネジが来てからテーパ部の合わせを行います。

新潟の人・・・T−3編
2017/06/11

洗浄したメキビのケースはとってもビュ〜テフォ〜だったのですが、オーナー様のお住まいの環境を考えますと塩害対策は必須でございます。

という事で、塩害に強いペイントを行いました!

写真右はノーズコーンですが、オイルシールが無い・・・無い??

このノーズコーンのサイズってたしか特殊なんじゃなかったかな・・・最悪は加工して標準のシールが付けられるようにするかな!

お詫び
2017/06/10

言い訳はしません。

約一ヶ月間サボりました・・・申し訳ございません。

新潟の人・・・T−3編
2017/06/10

新しいプロジェクトをスタートしています。

先ずはトランスミッションの製作から!

今回かなり趣向を凝らしたミッションを製作します。

先ずはオリジナルT−3ミッションを分解して3rdギアを確保しました!

29÷22=1.318 コレがとっても良い仕事します!!

そしてケースはメキビのケースを使います。

矢印の部分に補強が入っているんですよ。 これはドイツの頃にはなかった補強リブです!

ウサタの大冒険!
2017/06/10

サビサビだったバイザーのアームはステンレスに交換いたしました。

これでサビとはおさらばでございます!

ベース&ミラーもポリッシュしてピカピカになりました!!

ウサタの大冒険!
2017/06/10

ルームミラーのリフレッシュを行いました。

状態はマズマズですが・・・バイザーのアームはサビでまっ赤です・・・。

裏側のピンをドリルでもんで外してから、ベースのポリッシュを行いましょう!

ガラスは年代を感じないほどコンディションが良いですね。

KUNISANのBUS!
2017/06/10

製作したベルハウジングチンをペイントして取り付けました。

これでボディーにフィットするようになりました!

キャブレターは当初WEBERとお話していましたが、オリジナルスタイルの良いキャブレターガ手に入りました。

オートチョークも付いていますし、BUSの場合パワーを求めるより乗りやすさが重要かと思いますのでいかがでしょう?

WEBERも値上がりしてお高くなりましたし・・・ご検討下さい。

KUNISANのBUS!
2017/05/16

この手のアールの曲げ加工はこれに限る!

IRSのデフが役に立つ!!

ベアリングが入る部分に磨耗が出ていたため産業廃棄物となる運命だったのですが、もうひとガンバリしてもらいましょう!!!

折が完了したパネルをT−1用のベルハウジングチンに溶接すると・・・’71BUSオンリーの完成でーーす!

けして人の目に止まる部分じゃないけれど、ここが無いとホコリ全部吸い込んじゃいますから大切なパーツなんですよ。

だがしかし・・・これ作るのに何時間掛かったんだ・・・オレ・・・。

ウサタの大冒険!
2017/05/16

レーダーの台座をこさえました!

左コーナーはアールだらけで平面がありません。

しかもダッシュの上に設置しないと運転に邪魔になる・・・。

という事で、こさえたわけです!!

仕上げはいかがいたしましょう?

ブラックペイント、ポリッシュ、アルマイトこのどれかですね。

ウサタの大冒険!
2017/05/14

ナビのベースに開けておいた配線用の穴が小さすぎたのと、上側に欲しい事が判明。

という事で、「おめぇ〜のどてっ腹に風穴開けてやるぜ!」安っちい西部劇の台詞みたい・・・どっかぁーーん!と穴開け直しました!!

どうだっ! 3本の配線が余裕で通りました!!

これで配線ダラァ〜ンとおさらばです。

オーナー様へ

フォグ取り付け位置の件、承知いたしました!

KUNISANのBUS!
2017/05/14

LATEのベルハウジングチンは形が違うんです。

と言っても、当事メーカーさんも有る物を使って急ごしらえでこさえたものです。

そう!ベースはT−1系のベルハウジングに継ぎ足した物なんですね。

と言ってもドグハウスチンの逃げ穴(赤矢印部)があるのは1971年ONLYで、これがまたレアな一品で御座います。(写真のは1968〜1970年までのべrハウジングチンです)

という事で、こさえます!

先ずは継ぎ足し部分のパネルを切り出してみました。

整形、曲げ、溶接・・・上手くいくのか!??

KUNISANのBUS!
2017/05/13

ベルハウジングチンのペイントを忘れてました・・・。

ブリーザーホースを通す穴加工を行ってからペイントしました。

エンジンに組み付けるとこんな感じになります!・・・が・・・またまた忘れてたことが・・・LATEだったっけ・・・Oh〜〜

ウサタの大冒険!
2017/05/13

ヘッドライトをLEDに変更いたしました。

ヘッドライトのお釜の加工がなく取り付けられたでホッと一息・・・ヘッドライトが少しだけ薄型なのがよかったみたいです。

エアーベントグリルも交換して有りますよー!

ベースのパウダーコートが仕上がり、今日インパネにセットしてみました。

が・・・配線の処理がどーーーも気に食わない・・・アームの部分を今一度加工し直します!!

ウサタの大冒険!
2017/05/13

片側のバンパーブレードも加工完了!

今一度バンパーを仮組みしてフォグの取り付け位置の確認を行います。

オーナー様へ

写真中央の位置より少し引っ込んだほうが良さそうですがいかがでしょう?

ウサタの大冒険!
2017/04/30

バンパー加工の続きです。

先ずは余分な部分をおおまかにカットいたします。

それからがまぁ〜〜〜〜〜〜〜大変・・・。

慎重に・・・慎重に少しづつ削り、形を整えます。

するってぇ〜とこうなります。

もちろんパテなど使えるわけもなく、スッピン勝負でございます!

とりあえず片側終了。

ランプの取り付け位置ですが、どのくらい引っ込めます?

スポットライトだったと思いますので、バンパーへの乱反射は少ないような気もしますが・・・いかがいたしましょう?

KUNISANのBUS!
2017/04/30

デスビの準備です。

使用するデスビはもちろんモノホンのBOSCH009でございます!

今は生産中止されていますので中古になりますが、現行品よりは安心して使用することができます。

もちろん分解点検しての話になりますが!!

お次はキャブだな・・・ナニ使おう・・・ムフフ。

お詫び。
2017/04/27

今月に入りプロジェクトの進行が遅れてしまい申し訳ございません・・。

車検、一般修理&板金が大変込み合っていまして、もう少しバタバタしてしまいそうです。

時間の合間をぬって少しずつ進めてはいるのですが・・・。

HIROと二人で頑張りますので、宜しくお願い致します。

KUNISANのBUS!
2017/04/27

エンジンカバー類の組み付けの続きです。

オルタネーターは問題になるところも無く再使用いたしました。

クーリングファンは剥離&ペイントを行い組み付けてあります。

歪も無く良いクーリングファンでした!

コンプレッサープーリも今回は無加工で取り付け可能でした。

何がどうして個体差が出るのだか・・・不思議でございます・・・。

ウサタの大冒険!
2017/04/27

フロントバンパーのフレンチ加工を行っています。

位置決めしてホールソーで小さめの穴を開けてからは現物合わせしながら少しずつ削っていきます。

しかし・・・純正バンパーの加工は精神衛生上よくありませんね・・・イヤな汗をかきながら作業してます。

内側の溶接まで進みましたが、これからがもっと神経を使う場面となります・・・Oh〜〜・・・。

    過去の書き込みはをクリック
menu前ページTOPページ次ページ